北東北性教育研修セミナー「性の健康と性暴力 サバイバーを中心に据えたLGBTIQAインクルーシブな支援のあり方」

北東北性教育研修セミナー「性の健康と性暴力 サバイバーを中心に据えたLGBTIQAインクルーシブな支援のあり方」

2021年10月10日06:30

【オンライン】

詳細
北東北性教育研修セミナー2021
性の健康と性暴力 
サバイバーを中心に据えたLGBTIQAインクルーシブな支援のあり方

10月10日 15:30〜18:00 オンライン開催

北東北の方 無料
北東北以外の方 1000円

2017年に続き、現在「強制性交等罪」の再改正に向けた議論が続いています。
そんな中で、より性暴力を現実に即した形で捉え、法的、そして支援のフレームを作っていく必要があります。
特に、2017年以前においては被害者を女性と限定していたことから、2017年改正において附帯決議が付き、「男性や性的マイノリティへの不当な取り扱いをしない」ということが明記されています。しかし、なかなか、性別や性的指向に基づく差別・偏見は無くなっていきません。

性暴力をどう伝えていくか、性暴力にどう向き合っていくか。
改めて、様々な性自認、性的指向、性表現、性的特徴を持つ人々も含めた、サバイバーを中心に据えた支援のあり方について考えます。

<講師紹介>

齊藤梓氏 臨床心理士として精神科クリニックや感染症科(HIVカウンセラー)、小中学校(スクールカウンセラー)に勤務する一方で、 東京医科歯科大学難治疾患研究所にて技術補佐員としてPTSDに対するProlonged exposure therapyの治療効果研究に携わる。2008年〜公益社団法人被害者支援都民センターにて殺人や性暴力被害等の犯罪被害者、遺族の精神的ケア、トラウマ焦点化認知行動療法に取り組む。現在、目白大学心理学部心理カウンセリング学科専任講師、被害者支援の実践も継続。2017年改正以前の法制審議会部会(性犯罪関係)幹事、性犯罪に関する刑事法検討会委員。

伊藤良子氏 大阪府立大学地域保健学域看護学類講師、日本版性暴力対応看護師(SANE-J)。性暴力被害・性暴力被害者支援に関する研究に取り組む

関めぐみ氏 甲南大学文学部社会学科講師、専門は社会学とジェンダー論。ボランティア活動として、性暴力被害者支援やLGBT支援事業に関わる

LGBT LGBTQ オンライン セミナー

関連イベント