【無料/高校生・大学生向け】10年後、「家族のカタチ」はどう変わる?/パートナーシップ証明書Famiee×導入企業SAKURUG

【無料/高校生・大学生向け】10年後、「家族のカタチ」はどう変わる?/パートナーシップ証明書Famiee×導入企業SAKURUG

2021年11月08日05:30

【オンライン】

~10年後、「家族のカタチ」はどう変わる?~
2021年に民間パートナーシップ証明書をリリースしたFamieeと、
導入企業のSAKURUGが贈る、高校生・大学生向けの対談イベントです!
みなさんが結婚・子育て等について考え始めるかもしれない10年後は、
きっと今よりもっと家族の多様化が進んでいることが予想されます。
その時に、みなさんはどんな新しい「家族のカタチ」ができていて欲しいでしょうか?
今の法律から取り残されてしまってる人の存在、そして未来の「家族のカタチ」について、一緒に考えていきたいと思います。

▼このような方におすすめ
・民間パートナーシップ証明書って何?と思った方
・身近にLGBTQ等の当事者の方がいる、または当事者の方
・夫婦別姓に興味関心がある方 ・ジェンダー平等やD&Iに関心のある方
・新しい「家族のカタチ」について考えてみたい方等

▼内容
日時 |2021年11月8日(月)14:30~15:30
会場 |オンライン(ZOOM)
    ※zoomURLは当日、申込者にメールでご案内します
参加費|無料
対象 |高校生、大学生等(社会人やそれ以外の方のご参加も大歓迎です!)
内容 |1,Famieeが目指すもの
    2,SAKURUGがFamieeパートナーシップ証明書導入した理由
    3,「家族のカタチ」の今とこれから
     -法律でカバーしきれていない「家族のカタチ」って?
     -10年後、「家族のカタチ」はどう変わる?

▼出演者プロフィール
◎内山幸樹(Uchiyama Koki)
一般社団法人Famiee 代表理事
1971年富山県生まれ。1995年、 東京大学大学院博士課程在学中に日本最初期の検索エンジンの開発 &検索エンジンベンチャーの創業に携わる。 2000年に株式会社ホットリンクを創業、 2013年東証マザーズ上場。2014年、全寮制国際高校UWC ISAKの立ち上げに関ったことがきっかけで様々な社会貢献活動 を開始。 2018年よりブロックチェーンを活用したLGBTの課題解決方 法として「Famieeプロジェクト」を着想。 2019年8月に一般社団法人 Famieeを設立、 代表理事就任。
2019年に新経済連盟「多様な性的指向・ 性自認の活躍促進プロジェクト」チームリーダー就任。 2020年4月より株式会社ホットリンク代表取締役グループCEO。

◎遠藤 洋之 (Endo Hiroyuki)
株式会社SAKURUG代表取締役
1983年生まれ。千葉県出身。2012年、29歳の時に在籍していた株式会社GOOYAより独立し、株式会社SAKURUGを設立。若手起業家の世界的ネットワークであるEO(Entrepreneurs’ Organization、起業家機構)Tokyoの第24期理事。ジャパンハートエバンジェリスト。趣味は、トライアスロン と読書。

LGBT LGBTQ オンライン トーク

関連イベント