包括的性教育を学ぶ#3 みんなで考えよう 私たちのSARプログラム

包括的性教育を学ぶ#3 みんなで考えよう 私たちのSARプログラム

2022年02月27日01:00

【大阪】浪速

SAR(Sexual Attitude Reassessment)とは、性に関する教育や支援に関わる人が、「性に関する自己の価値・態度」と向き合い、再構築するための研修プログラムです。諸外国の代表的な性科学・性教育団体では、SARプログラムを受講を「専門家認定」の条件にしています。研修のスタイルはさまざまで、2日の集中研修もあれば1年かけることもありますが、1)プロセスを重視した、構造化された小グループ体験をする、2)視聴覚刺激を多用する、といった共通点があります。

 今回のSEE性教育アカデミーでは、諸外国の代表的な研修内容を紹介し、日本の文化的・社会的文脈に沿ったSAR研修について考えるワークショップを開催します。

昨年度に引き続き藤岡淳子先生をお招きして、「関係性における性」をキーワードに、暴力や支配についても考えます!参加者同士の対話のプロセスを通じて、個人の成長はもちろんのこと、専門的スキルと対人スキルを向上させる(これがSARの目的でもある)機会を提供することになると考えています。

私たちが日本で性教育や性暴力に関する心理的支援を行うために、性に関する自分の価値観や態度とどのように向き合うのか、支援者自身が安全で安心するためには、何が必要なのか、みんなで、日本の文化的・社会的文脈に沿った「性に関する自己の価値・態度」について一緒に語り合いましょう。

LGBTQ 勉強会

関連イベント