LGBTの就労状況と企業の支援

LGBTの就労状況と企業の支援

2022年02月04日04:30

【オンライン】

セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会2022 分科会
2022年2月4日 (金) 13:30 - 15:00
「LGBTの就労状況と企業の支援」(手話通訳、文字通訳有)
録画配信+LIVEでQ&A
(ZOOMミーティング/Youtube配信/質疑応答等の一部を除いてアーカイブ配信予定(3/31まで))
(URLは後日ご案内します/ZOOM交流会にもぜひご参加下さい)
(全16分科会+アーカイブ配信が観れるフリーパスはこちら)

司会:今将人(損害保険ジャパン株式会社)
登壇企業:パーソルチャレンジ株式会社、株式会社Waris

司会プロフィール
損害保険ジャパン株式会社 人事部 人材開発グループ 今将人
セクシュアリティも精神障害もオープンにして働くいち会社員として、2021年の大会で「企業事例分科会」に登壇させていただきました。本年度は司会として、調査データをもとにLGBTの就労状況を確認し、個人の事例と複数の企業の支援を紹介させていただきます。LGBTの就労にはどのような困難があるのか? その困難はどのように解決できるのか? 企業にはどのような支援が求められているのか? 企業がLGBTを支援することで達成されることは?「女性として働く、つまりお化粧をしてスカートを穿いてお茶汲みをし、男性のサポートを期待される」。自分自身、学生アルバイトの頃からそんな就労イメージしか持てず、卒業後は工場労働や交通警備員など、不安定な就労形態で食いつないできました。生活の不安定さが精神疾患を悪化させ、さらに就労が不安定になっていく、というスパイラルの中で、「会社で働く」ことは決して「当たり前のこと」ではないと実感していました。LGBT当事者が就労に至るまでの困難、就労した後の困難は、データからも特徴が見て取れます。本大会では、LGBT当事者が働きやすい企業について考え、自分が活かせる企業とはどのようなものか、企業の支援がどのように自分を活かしてくれるのか、企業がLGBT当事者を支援する意義について、引き続きいち会社員としてお話します。学生の皆さんには、将来の働くイメージを持っていただきたい。企業の皆さんには、LGBT当事者が強みを活かして働くヒントを持ち帰っていただきたい。横のつながりを作ることで、共に生きやすい社会を作って行きましょう。

全分科会をチェックする!→ https://peatix.com/group/7183814/view
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催 「セクシュアルマイノリティと医療 ・ 福祉 ・ 教育を考える全国大会 2022」 実行委員会
queertaikai2020@gmail.com

セクマイ オンライン LGBT

関連イベント