トランスジェンダーへのヘイトに対抗するために

トランスジェンダーへのヘイトに対抗するために

2022年01月30日01:30

【オンライン】

セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会2022 分科会
2022年1月30日 (日) 10:30 - 12:00
「トランスジェンダーへのヘイトに対抗するために」(手話通訳、文字通訳有)
録画配信+LIVEでQ&A
(ZOOMミーティング/Youtube配信/質疑応答等の一部を除いてアーカイブ配信予定(3/31まで))
(URLは後日ご案内します/ZOOM交流会にもぜひご参加下さい)
(全16分科会+アーカイブ配信が観れるフリーパスはこちら)

企画内容
近年、トランスジェンダー、特にトランス女性へのバッシングがSNSを中心に勢いを増しています。「トランス女性は、女性の権利と安全を脅かす存在である」といったトランスジェンダーへの偏見と誤解を助長する言説の広がりに、当事者や支援者は危機感を感じています。ネット上でトランスへのヘイトスピーチを多く見かけるようになったことは、当事者の精神衛生に少なくない影響を与えていると言えます。こうした事態に対抗するために、どのような取り組みが必要なのでしょうか。

この分科会では、バックラッシュに対抗して、メディアを使った正しい情報の発信や、トランスジェンダーのリアリティを伝えるための冊子(トランスジェンダーのリアル)の発刊、トランスジェンダーの基礎知識がわかるウェブサイト(trans101.jp)の運営などの活動に取り組んでいる遠藤まめたさんに、これまでの展開と現在の状況、よくある言説の論点整理、気を付けるべきポイントや国内外の動向など、網羅的にお話頂きます。

特に、トランスにトイレの使用を認めると犯罪が増える、トランスは女性の安全や権利を侵害すると言った言説をどのように考えたら良いのかわからない方は、必見です。

登壇者:遠藤まめた
1987年埼玉県生まれ。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。10代から23歳までのLGBT(かもしれない人を含む)のための居場所・にじーず代表。
著書
「先生と親のためのLGBTガイド 〜もしあなたがカミングアウトされたなら」(合同出版)
「オレは絶対にワタシじゃない トランスジェンダー 逆襲の記」(はるか書房)
「みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT」 (ちくまプリマー新書)
「ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ」(新日本出版社)
ほか。

※この日(1/30)はライブビューイングはありません。

参照動画(分科会内でも説明があります)

全分科会をチェックする!→ https://peatix.com/group/7183814/view
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催 「セクシュアルマイノリティと医療 ・ 福祉 ・ 教育を考える全国大会 2022」 実行委員会
queertaikai2020@gmail.com

オンライン トランスジェンダー セクマイ

関連イベント