LGBTQIAの性暴力に対応する社会システムの構築

LGBTQIAの性暴力に対応する社会システムの構築

2022年01月28日04:30

【オンライン】

セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会2022 分科会
2022年1月28日 (金) 13:30~15:00
「LGBTQIAの性暴力に対応する社会システムの構築」(手話通訳、文字通訳有)
全編LIVE配信
(ZOOMミーティング/Youtube配信/質疑応答部以外はアーカイブ配信予定(3/31まで))
(URLは後日ご案内します/ZOOM交流会にもぜひご参加下さい)
(全16分科会+アーカイブ配信が観れるフリーパスはこちら)

企画内容
BROKEN RAINBOW - JAPANのホームページから
ー LGBTIQへの暴力を終わりにしよう。
多くのLGBTIQが、様々な相談機関や警察、司法機関、病院等で被害を被害とすら認められることなく、二次的加害にあってきた現実や、社会の中で、身近な人にすら伝えることが出来ず、伝えた場合でも「重大な事」として扱ってもらえなかったり、逆に自らのセクシュアリティについての問題とされてしまい適切なサポートを受けることが出来ない、ということを見てきました。
性暴力は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス、クエスショニング(LGBTIQ)の人々を含む、すべての人口層、すべてのコミュニティに関係するものです。ー

BROKEN RAINBOW - JAPANでは、法務省や警察庁と連携をとり全国のシステム構築に向け活動をしています。
どのようにこの現状をかえていけるのか、一緒に考えていきましょう。

登壇者
岡田実穂(BROKEN RAINBOW - JAPAN)

全分科会をチェックする!→ https://peatix.com/group/7183814/view
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催 「セクシュアルマイノリティと医療 ・ 福祉 ・ 教育を考える全国大会 2022」 実行委員会
queertaikai2020@gmail.com

クィア セクマイ LGBTQ オンライン

関連イベント