性的マイノリティと高齢期「支援」〜情報と人のネットワークを求めて

性的マイノリティと高齢期「支援」〜情報と人のネットワークを求めて

2022年01月30日07:30

【オンライン】

セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会2022 分科会
2022年1月30日 (日) 16:30 - 18:00
「性的マイノリティと高齢期「支援」〜情報と人のネットワークを求めて」(手話通訳、文字通訳有)
録画配信+LIVEでQ&A
(ZOOMミーティング/Youtube配信/質疑応答等の一部を除いてアーカイブ配信予定(3/31まで))
(URLは後日ご案内します/ZOOM交流会にもぜひご参加下さい)
(全16分科会+アーカイブ配信が観れるフリーパスはこちら)

メッセージ
​「性的マイノリティの老後を考え、つながるNPO」として、高齢期をテーマとした活動をする当会は、どういう理念を掲げ、どういう思考と実践を重ねたか。「うちは支援団体ではない」という当会が、支援するまえに支援のいらない人をどう増やすか、当事者/支援者の立場でできることを考えたい。

企画内容
​「性的マイノリティの老後を考え、つながるNPO」「老後と同性パートナーシップの確かな情報センター」として活動する当会は、自身を「支援団体」と位置付けない。暮らしと老後に必要な情報を得る「学びの場」であり、大人になるまでに知りそこねた堅実なお金の知識や法制度を学ぶ「ライフプランの夜間中学」、マイノリティの視点で制度へのリテラシーを高める「セクマイの識字教育」と名乗っている。
ここはあなたの「居場所」ではない。学んだら、早くここを巣立ってほしい。だって生きていくのはあなた自身なのだから----そう参加者に呼びかけている。弊会などが「支援」しなくても、みんな生きていく力を内奥に蓄えているから。本当は生きたいという思いを持っているから。ただ情報が足りないだけ。
そうやってみんなが自分で自分を幸せにできれば、社会から不幸な人はいなくなり、「生きづらさ」は消滅する……。
現行法と制度の活用で、どこまでそれが可能か。それでもなお「とりこぼされる人」は誰か。自立と、自助と、支援と、学びを、「セクマイの老い」というフィールドで、それでも支援をしたい人たちとともに考えてみたいと思う。

登壇者プロフィール
永易至文(ながやす・しぶん)
NPO法人パープル・ハンズ事務局長、行政書士
​1966年、愛媛県生まれ。1980年代末からゲイのコミュニティ活動にかかわる。出版社勤務をへて、2000年代以後、ライター/編集者として性的マイノリティの暮らしや老後、HIV問題を取材・執筆。高邁な理想論を追うよりも、いまできることを具体的に、が持ち味。2013年に行政書士登録、東中野さくら行政書士事務所開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、同事務局長。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』ほか。

※この日(1/30)はライブビューイングはありません。

全分科会をチェックする!→ https://peatix.com/group/7183814/view
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催 「セクシュアルマイノリティと医療 ・ 福祉 ・ 教育を考える全国大会 2022」 実行委員会
queertaikai2020@gmail.com

オンライン セクマイ ライフ

関連イベント