2022年度第4回All Sexuality交流会~ヒューマンライブラリー~

2022年度第4回All Sexuality交流会~ヒューマンライブラリー~

2022年03月13日06:00

【オンライン】

2021年度は船橋市公募型支援事業でイベント開催とLGBT啓発目的でチラシ配布を実施しています。イベント参加は船橋市民に限らずどなたでもご参加いただけます。イベントは年間4回開催します。今回で年度内は終了です。今回はヒューマンライブラリーという、人を本に見立てて、読者に貸し出す仮想図書館イベントを開催します。本は、同性愛者、トランスジェンダー、Allyの3冊をご用意します。三人三様の人生のストーリーをお楽しみください。本のタイトルや前書きはfacebookで告知していきます。

参加者・運営メンバーの感染症対策をしっかり行った上で、対面での開催もしておりますが、社会的な状況を考慮して、急遽オンライン開催に変更する場合がありますので、お申込みの際はご理解をお願い致します。3月のイベントは、オンラインの開催になります。

〇オンライン開催について
「PCにカメラが付いていない」「顔を出すことに抵抗がある」など、イベントへ参加しにくい状況にある方がいらっしゃるかもしれません。そのため、今回はイベントのご参加にあたり「ビデオ機能のON/OFFは任意」という形にさせていただきます。
※顔出しに対するトラブルの責任は負いかねます。
※セクシュアリティの開示は任意です。
 無理をしてカミングアウトしたり、それを求めたりはしないでください。
※撮影・録音は一切禁止です。

その他、オンラインの参加方法については
下の「オンライン参加方法」にまとめてありますので、ご確認ください。

〇2021年度第4回 ALL SEXUALITY交流会~ヒューマンライブラリー~
◆日時:2022年3月13日(日)15:00〜17:00
◆開催方法:zoom
◆開場及びテスト通話開始時間:14:40 
◆プログラム
ヒューマンライブラリーという、人を本に見立てて、読者に貸し出す対話型イベントになります。
 本は、同性愛者、トランスジェンダー、Ally(本イベントにおいては、LGBTの理解者、支援者の意味)の3冊をご用意します。
 タイムライン(※当日変更される可能性もあります)
 1.3冊の本がライフストーリーをお話します。
 2.3冊のブレイクアウトルームを準備し、読者は各グループに入り感想や質問など対話をします。3冊分実施します。
 3.読者同士で感想を伝えあいます。
 4.全体シェア/まとめ
 ※途中休憩をはさみます。
◆参加費:
 一般    1000円
 学割      500円
 高校生以下   無料
 ※本サイトで事前にお支払いください。
 ※キャンセルの場合には他の方へのご連絡もあるため、お早めにご連絡ください。
  以下の場合を除き、キャンセルでの返金はできませんのでご了承のうえお申し込みください。
 ①イベント中止の場合
 ②対面からオンライン開催に変更になったことにより参加できなくなった場合
◆募集人数:30名程度
◆参加できる方:
・セクシュアリティ不問
 Allyの方も、セクシュアリティ決めてない方も、わからない方ももちろん参加いだたけます。虹色のグラデーションのように1人1人のセクシュアリティがあると考えています。
・年齢不問
 年齢関係なくご参加いただけます。中学生や70代の方にもご参加いただいております。
 親と子、先生と生徒などいっしょに参加いただくことも可能です。
・フロアルールおよび確認事項に同意し守ることができる方。今回は特にヒューマンライブラリーのイベントのため、「本を大切にあつかうこと」「敬意をもって接すること」をお願いします。

◆お申込み:Peatix「チケットを申し込む」よりお願いいたします。
Facebookの「参加する」等ではお申し込みとなりません。
※お名前は「呼ばれたい名前」「ニックネーム」「仮名」でも問題ありません。

◆お問合せ:info@npojash.org までお問合せください。
   件名:3/13イベント問合せ
   本文:よばれたい名前、ご質問内容
※お申込みフォーム内でのご質問にはPeatixの仕様上、確認が難しいため返信ご希望の場合はお手数ですが、メールアドレスへご連絡お願いいたします。

オンライン参加方法
開催時間20分前からテスト通話を開始します。オンライン開催に変更するご連絡のメールに、zoomのURLを記載しますので、開催時間20分前になりましたら、そちらをクリックしてご参加ください。参加お申し込みの方のPeatix画面に「イベントに参加」ボタンが表示されますのでそちらをクリックするとZoomへと遷移します。詳しくはこちら
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001934587    
※テスト通話で通信状況等に問題なければ15:00まではスピーカー・カメラはオフにしてOKです。

▼ZOOMについて
ZOOMは、米企業のZoom Video Communicationsが提供する、オンラインで顔を合わせながら会話ができる、主にオンライン会議のためのソフトウェアです。PCとスマホで利用可能で、参加するだけであれば無料で使用できます。参加される方は、以下のURLから事前にダウンロードしていただきます。
https://zoom.us/download

▼オンライン開催の際の参加条件
・ZOOMのアプリをダウンロードして参加できる方(アプリのダウンロードは無料です)
・安定した通信環境、静かな場所で参加できる方(※スマホのモバイル回線で使用されますと、データ通信量が膨大になりますのでご注意ください。ご自宅のWi-Fi等の環境で参加されることをお勧めいたします)
・「顔出し」での参加をお願いしておりますので、パソコン・スマホ画面のスクリーンショットの保存や、録画は絶対にしないよう、お願い致します。

オンラインでの対話は、直接顔を合わせて対話するのとは違う感覚で、慣れない部分もあるかと思います。
そのぶん不安になったり、うまくいかなかったりすることもあるかもしれませんが、お互いにフォローし合いながら楽しくトークをすることができたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

フロアルール
イベントに参加した全員が、安心して対話を楽しむことができるためのルールです。

1.違いを肯定しよう
いままで生きてきたなかで、環境や経験、感じ方や考え方はそれぞれ違います。
否定ではなく、まずは肯定するところから。普段言いにくいことも言い合えるように、
正論・常識・自分の考えを押し付けず話をしましょう。
「正しい、間違い」「よい、悪い」ではなく、
「腑に落ちるか、しっくりくるか、もやもやするか」そんな感じで話せたらと思います。
また、「自分の立場」だけではなく
「相手の立場」「別の人の立場」も想像してみましょう。

2.長い目で考えよう
人と人が仲良くなるのは、いつのタイミングか分かりません。
また、考え方もいきなり変わることもあれば、
じょじょに変わっていくこともあります。
イベントは毎月開催しています。その中で変わっていくこともあるはずです。

3.秘密は守ろう
知らないところで勝手に自分の話をされると安心して話せないですよね。
会に参加したこと自体はSNSに投稿しても大丈夫です。

4.失敗することもある
人それぞれ話したくないこと、触れられたくないことは違います。
不快な思いをさせるつもりがなくても、
つい口にした言葉が傷つけてしまうこともありますが、
それを恐れて何も言わなくなる必要はありません。
お互いを知り、次に同じ失敗しないように意識できたらと思います。
「失礼なことだったら、ごめんなさい」「違っていたら教えてほしいんだけど」など
ワンクッション入れて聞いてみましょう。

5.”No”もOK
話したくないことがあれば話さなくて大丈夫です。
NOもなかなか言いにくい場合もあると思います。
周囲の人も「無理に答えてない?」など話し手の意思を尊重しましょう。

6.対話をしよう
この場はみんながいて、みんなによって成り立ち、そして創られる場です。
一方的に話したり、質問するのではなく、
いっしょにいるみんなの話や気持ちを聞き合いましょう。
どう表現したらいいのか分からなかったり、うまく言葉にできなかったりすることも
あるとおもいますが、それはそれで表現してOKです。
沈黙することだってもちろんありえます。
盛り上がるだけではなく、うーんと考えることも一つのコミュニケーション。

オンライン LGBTQ セクマイ

関連イベント