映画上映|IWAKAN presents 映画『リトル・ガール』無料上映会

映画上映|IWAKAN presents 映画『リトル・ガール』無料上映会

2022年05月31日09:30

【東京】恵比寿

IWAKANが、トランスジェンダーの子どもと家族を映した映画『リトル・ガール』無料上映イベントを開催
〜幼少期のトランス・アイデンティティについて考えるアフタートークショーも同時開催〜

REINGが制作・発行する「世の中の当たり前に違和感を問いかける」をコンセプトにした雑誌『IWAKAN』が、最新号「多様性?」にてメインインタビューを行った、セバスチャン・リフシッツ監督最新作『リトル・ガール』の無料上映会を開催いたします。無料上映をすることで、より多くの方に本作を通じてトランスジェンダーの子どもや家族を取り巻く現状について知って考えてもらえる機会となればと思います。

上映後には、女性医療クリニックLUNAネクストステージでトランスジェンダー外来を担当する、産婦人科専門医の池袋真さんをゲストにお招きし、トランスジェンダーの子どもや家族を取り巻く現状や幼少期のトランス・アイデンティティの課題についてお話を伺います。モデレーターは編集者の中里虎鉄さん。

===== ===== ===== ===== ===== 

IWAKAN presents 映画『リトル・ガール』無料上映会

日時:2022年5月31日(火) 18:30-20:30(開場18:10)
会場:東京都写真美術館 1Fホール(恵比寿ガーデンプレイス内)
料金:無料(事前予約制)
定員:150名(自由席、先着順入場)
内容: 映画『リトル・ガール』上映(約85分)、トークショー(約30分)

参加方法:
本ページにて事前にチケットを取得していただき、
会場にてPeatix画面を提示しご入場ください

===== ===== ===== ===== ===== 

『リトル・ガール』
男性の身体に生まれたサシャは2歳を過ぎた頃から自身の性別の違和感を訴えてきた。しかし、学校では女の子としての登録が認められず、男子からも女子からも疎外され、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまう。他の子どもと同じように扱えってもらえない社会の中で、サシャは7歳になってもありのままに生きることができずにいた。そんなサシャの個性を支え、周囲に受け入れさせるため、家族が学校や周囲へ働きかけるが……。監督はジェンダーやセクシュアリティに目を向けた作品を撮り続けているセバスチャン・リフシッツ。
2020年製作/85分/G/フランス|原題:Petite fille|配給:サンリスフィルム

※ 作中では「身体は男性」という表現が出てきますが、身体こそ「自然」で、本質的とする考えからトランスジェンダーの人々への「身体的男性/女性」や「生物学的性別」などの表現が、差別や偏見を助長する文脈でも使われることがあるため、ご注意いただければ幸いです。(公式サイトより)

===== ===== ===== ===== ===== 

● 入場時にPeatixチケットをアプリまたは印刷してお越しください。
● 座席は自由席(先着順入場)となります。
● 会場でのチケットはございません。
● 会場内では必ずマスクの着用をお願いします。
● 会場に車椅子対応席は3席ございます。会場スタッフが案内します。

===== ===== ===== ===== =====

◆監督インタビュー記事

セバスチャン・リフシッツ「日常を取ることに身を捧げる」
映画『リトル・ガール』の監督に、トランス・アイデンティティやセクシュアリティをテーマにクィアを映画で描くこと、映すことの意義について語ってもらった。(『IWAKAN Volume04 特集 多様性?』に収録)

◆IWAKAN

世の中の当たり前に「違和感」を問いかけることをコンセプトに、2020年10月に創刊された雑誌『IWAKAN』。<Creative Studio REING>によってプロデュースされ、ジェンダー規範や男女二元論への違和感にフォーカスを当てながら、様々な「当たり前常識」に違和感を抱く人たちに寄り添うということから発想されている。2022年4月15日(金) に最新号​​『IWAKAN Volume 04|特集 多様性?』を発売。
Instagram: https://www.instagram.com/iwakanmagazine/
WEB: https://iwakanmagazine.com/

LGBT LGBTQ トランスジェンダー 映画

関連イベント