【オンライン・無料】SDGsバッヂをつけたら最初に取り組む働き方改革~サーキュラーHR3周年セミナー第二弾

【オンライン・無料】SDGsバッヂをつけたら最初に取り組む働き方改革~サーキュラーHR3周年セミナー第二弾

2022年07月28日10:00

【オンライン】

SDGs、SXに関する部署が次々に企業内にでき、取り組みをHP上で公開している企業も増えてきました。そんな中、どうしても環境への配慮などが話題の中心となり、「ジェンダー平等」「貧困」などの人的テーマへの取り組みが後回しになってはいないでしょうか。また、SDGsが自社が「項目には当てはまっている」ということを確認しPRするためのツールとなってしまい、取り組みを行い企業活動を改善していくために利用されていないと感じるような場面も多々あります。
そこで、大手損害保険会社ダイバーシティ推進室に勤務し、LGBTQsのうちの1人でもあり障がい者雇用で採用されている当事者としての発信活動などもされているゲストをお招きし、企業の活動の中で取り組むべき「本当の働き方改革」について、サーキュラーHR編集長稲葉と語らっていただきます。

■こんな方におすすめ
・働き方改革・ダイバーシティ推進の最新潮流を知りたい
・SDGs推進、SX担当などに就任し、今後の自社の取り組みを考えたい
・LGBTQsなどのマイノリティの働き方、男女の賃金格差是正などに関心がある

■プログラム
19:00 開始のご挨拶
19:05 サーキュラーHR編集長及びゲストの対談
20:00 意見交換、ディスカッション
20:25 閉会のご挨拶
※残りたい方は残ってディスカッション

■イベント概要
・日時:2022年7月28日(木)19:00~21:00(受付18:50~)
・実施方法:オンライン(Zoomミーティングでの実施予定です)
・定員:20名
・参加費:無料
・主催:サーキュラーHR(株式会社Waris)
https://circularhr.waris.jp/

【その他注意事項】
・当日お時間になりましたらPeatixのイベント視聴ページからZoomにアクセスをお願いします。詳細はヘルプページにてご確認ください
・本イベントは企業向けの内容となります。企業メールアドレスでのお申込みをお願いいたします
・Peatixでお申込みいただいた個人情報は株式会社Warisの個人情報保護方針(Warisプライバシーポリシー)に基づき取り扱いをいたします。後日Warisからのご案内メールを配信させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください
・当日メディア取材が入る可能性がございます。
・参加者への営業目的でのご参加はご遠慮下さい。参加をお断りする場合があります。

■登壇者プロフィール
●稲葉 哲治
サーキュラーHR 編集長/Warisエグゼクティブ コンサルタント
開成、東京大学から一転、中退して社会的ひきこもりを経験。当事者性を活かしてセゾングループ人材会社にてNPO協働事業等を担当後、日立グループにて新規事業、若者キャリア支援会社起業、人事、人材コンサルタントを経て、日本最大の人事・HRメディアにて人事コミュニティ運営等に従事。現在は㈱Warisにて、女性の役員等の意思決定層を増やすWarisエグゼクティブのコンサルタントを務める他、ダイバーシティ&インクルージョンを推進するNPO法人GEWEL理事として活動中。
サステナブル・エシカルを軸にソーシャルセクターでも活動し、セレクトショップ「えしかる屋」のプロデュースや講演、イベント企画を多く行う。
2020年1月にWarisにて、サーキュラーエコノミーを人的資源・人事へ活用することを広めるメディア・プロジェクト「サーキュラーHR」を立ち上げ、先進企業や先駆者のインタビューや講演、寄稿などを行っている。TEDxSaku登壇「ハイブリッドキャリアのすすめ」。

●今 将人(いま まさと)
損害保険ジャパン株式会社 人事部 人材開発グループ
保育園の頃に「自分がどう思うかに関わらず、周囲が勝手に自分の性別を決めている」「性別によって期待される役割が違う」と気付く。周囲と同じように「普通」になるべく、大学では臨床心理学を専攻。しかし研究を進めるに連れ、「実は『普通』の方がおかしいのでは?」と考えるようになり、大学院ではジェンダー論、セクシュアリティ論へ転向。同時期にLGBT当事者会に参加し、交流会や映画祭などを開催。現在「セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会」実行委員。
大学院時代にうつ病、アルコール依存症の診断を受け、無職の30代を送る。工場労働、工事現場の誘導員、塾講師などの非正規雇用を経て、30代後半で精神障害者手帳を取得。
40歳で初めて社会保険のある会社に障害者雇用枠で転職。転職先での障害や経歴に由来する「働きにくさ」について考え、カムアウトしてダイバーシティ&インクルージョン施策に携わるために、2019年、現職に転職。
担当はLGBT・障がい者活躍支援施策、男性育休取得推進、D&I情報発信など。2021年度は東北電力役員向け人権研修ほか、10社以上の企業・団体で研修を行う。著者代表『トランスがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考』『恋愛のフツーがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考2』

LGBT LGBTQ ライフ

関連イベント